surfday.tv

2010年8月

シャローな棚に砕け散るティックな波

若狭湾の中の突出した半島の先に、このリーフブレイクがある。初めてここが発見された頃、およそシャローな棚に砕け散るティックなリップは、当時人を寄せ付けなかったという。そして現在、日本海屈指のハードブレイクとして、コアなサーファー達によって攻められ、守られ、愛されている。 その要因の一つに、このポイントの持つムードがあげられと思う。人里はずれた和風の森林の先に位置し、アウトにはまるで対岸の島の様に、...



新港ならではのビッグピークからの波

この年、6月から沖縄に居続けたおかげで、2つのエクセレントスウェルを沖縄でスコアし、やや満腹モードに入っていた時に、次なる台風が発生。例によって天気図・波予報をチェックし、後は自分自身の勘を信じて、ターゲットを北日本、仙台新港に絞った。沖縄から羽田へ、SF1ST編集長の軽バンを拉致って、まずはWQSムラサキ戦が行われていた福島・北泉へロングドライブ。 高速での軽は木の葉の様に揺れ、結構ヤバかった...



神々しいブレイクを魅せる波

松部には特別な想いがある。まず1980年9月、伝説の松部セッションに、何故か当時ペーペーの俺(まだ大学生だった)が居合わせたこと。その時に、本気で水中をやらねばと感じ、ニコノス3を買って、冬の間、松部の目に前にあるカクイ旅館に住み込み、働かせてもらい、原付バイクで外房をウロウロ、毎日の様にニコノス片手に、夷隅や松部で泳ぎまくっていた。 蛸さんがシークエンスを立ち上げるため、ノースに行かず、珍しく冬...



コールドウォーターの波

2010年5月は、日本中を旅してて、こんな寒い日を経験したことなかった。この日の福島、低温警報が出たくらい底冷えした。西の強いオフショアもジンジンと体にこたえ、当然海は半端なく、切れる様な冷たさだった。(俺は入ってないけど…) でも、波はゴーインオフ!誰もいない。グリングリンのバレルが、サンドバースピッツを吹き出してる。ビーチで撮影してると、ときたま突風に三脚ごと倒されそうになり、乾...



長くて、とても素敵な波

日本の中でも、サーフィンに関して言えば、南西諸島、沖縄界隈は別格だ。 その魅力にどっぷりはまっているフォトグラファー木本直哉にとって、 台風シーズンのこのエリアは絶対に外せない。 だって、こんな波がたつんだから…。 まるでウルワツを逆さまにしたようなダイナミックな長~いライトのラインナップ。壮観です。この写真は、2009年7月17日午後1時14分、沖縄にある離島で撮影された。この前日...



1  2  3  4