Date
ALL PAGE VIEW:
Facebook Like:
サーフデイTV



NAOYA KIMOTO / SURF REPORT

5/24 Shonan Day





本日の湘南、、、、相変わらずのフラット〜〜〜成す術無し〜〜〜
連日色んな方とのミーティングに次ぐミーティングでしたが、
今日が湘南ラストデイ〜〜〜
明日は千葉に移動ですじゃ!!


Still flat at Shonan~~ Nothing to do~~~
We did a lot of meeting while we were staying at Shonan
but today is the last day~~~
Moving to Chiba tomorrow!!











R0026058.jpg

今朝は東京での仕事を終えて、伊豆のセカンドハウスへ戻られる、
デザイナーの巨匠/シラタニトシオさんとミーティング〜〜〜
シラタニさんは多くにサーフィンフォトグラファーの写真集を手掛けてこられた。
昨年は、"ジャパニーズ/ノースショアウエーブス/ハワイ2010〜2011"
を制作されたり、
日本のサーフィン歴史的集大成とも呼べる、"75~85 SURFING JAPAN"
という貴重な写真集を作られたデザイナーだ。
本日はお忙しい中、愛犬と小田原に寄っていただきありがとうございました〜


We finished our work at Tokyo and we also had a meeting with
the great master of designing, Mr. Toshio Shiratani~~~
He has worked on many Surfing photograph collection.
He worked on 'Japanese/ Northshore waves/ Hawaii 2010~2011'
and also made '75~85 SURFING JAPAN' which is like a 
compilation of Japanese Surfing history.
Thank you for taking your precious time coming to Odawara with your dog~




goods_17_1.jpg
goods_63_1.jpg























して夜は、、、、、

At night time....



R0026074.jpg

デイトライン/オーエムツアーのタンノさんと、
タンノさんの横浜仲間のハットリさんとで、中華街でお食事〜〜

タンノさんとは付き合いが古く、
数多くのキンチャントリップをオーガナイズしてきてもらった仲だ。
今も色んな面でサポートしてくださり、
俺のトラベリングライフの良き理解者でもあるんです〜
そんなタンノさんとの珍道中ストーリーはこちら〜〜


We had some dinner at China town with Mr. Tanno/ OM Touring Company,
and also with Mr. Hatori who is Mr. Tanno's friend in Yokohama~

I have a long relationship with Mr. Tanno.
He has organized a lot of my trip.
He still supports me and he's the one who understands about Surfing life~
This is about the funny journey with Mr. Tanno~~











img045.jpg
@ Mainu  Mentawai







N370B9AA02_J.jpg
Koji Kanekatsu @ Choco Bowl  Mentawai










メンタワイには数えきれない程足を運んだ自分だが、

今回は初めてのメンタワイトリップ、そして生まれて初めてのボートトリップでのお話~

世界中を旅しまくり、30歳でジェフリーズベイにまで辿り着き、

何か新しいディスティネーションを模索していたときのことだ。

オムツアーの丹野社長から、メンタワイボートトリップに行きませんか?とのお話をいただいた。

バリ、ジャワ、ロンボク、スンバワ、スマトラと、インドネシア各地を放浪してきたが、

前々から噂に聞いていたメンタワイにはまだ足を運んでいず、

船のコンタクトも知らなかったので、飛びつく様にこの話に乗った。

メンバーは丹野さん、ヌマチャン、タカシ、シュットウだった。

船はノルジャ、キャプテンはオージーのケン。

オーガナイズしてくれたのは、メンタワイサーフサンクチュアリのリックだった。

これまではアンダーカバーだったメンタワイで、

アドベンチャー好きのオージー船によって序所に開発されていったが、

まだまだビジネスとはほど遠いマニアックな世界だった、

それが、ついにメンタワイのお役人の目に止まり、観光産業にしようと打って出た訳。

出発の日、パダン港では大きなセレモニーが行われ、最後に杯を地面に叩き付けて割り、

トリップの無事、成功を祈ってくれた。

俺は初のボートトリップに超ウキウキ状態。

夜中に何度も起きてしまい、キャプテンの側にいって話し込みまくっていた。

そして朝、停泊していた俺達の船の目の前にあったのが、この写真のマイヌ。

見た感じ小さそうだったので、俺は皆が起きる前にケンとサーフ(ブギ)することにした。

グラッシー、トロンとした生暖かい空気、水。

回りの島々のジャングル。

身も心も溶けちゃいそうだった~

セットが入り、一本目をテイクオフ~

目こそぎ掘れるサッキーレフトにびっくり、こりゃヤバイ~波乗りしてる場合じゃないわいと、

速攻船に戻り、皆を起こして記念すべきメンタワイでのファーストセッションを開始。

これまでの概念で行くと、水中に入り、泳ぎながらやブギボードに乗って撮影するのだが、

ここではディンギーを駆使して、船の上から楽チンに撮影するスタイルを知った。

今では当たり前のことかもしれないが、当時の俺にとっては画期的なことで、

その魅力にはまったのも事実だ。

また、いつもなら風の吹くまでやり切るというスタイルも、

ここでは、サッサッと1ラウンド済ませると、すぐに船で移動、

次のポイントでまた違ったテイストの波を味わうというゴージャスさだった。

実際2ラウンド目はニャンニャンと呼ばれる、

ジャングルバックの超パーフェクトレフトハンダーに出会った。

キャプテン/ケンのお気に入りスポットらしく、その日はここで残りの一日を過ごし、

サーファー全員スーパーストーク。

写真もディンギーからたっぷり撮れ、ほんと初日から最高のスタートとなり、

この旅に誘ってくれた丹野さんに感謝した。

次の日も別のポイント、また移動、そしてまた次の日も違ったポイントでサーフ/シュート。

一体メンタワイにどれほどのポイントが隠されているんだろう?

計り知れないポテンシャルの高さに、これはもう絶対に来まくってやるぞ~と心に決めた、

これだ~と思った。

そして旅の中盤でオムの丹野社長が、突然帰国することになった。

メンタワイの訳わからん島から、なんとも妖しいフェリーに乗ってスマトラに渡るという。

英語なんか当然通じる訳がなく、丹野さん大丈夫かな~?なんておもっているのをよそに、

当の本人は飄々として流暢なインドネシア語をペラペラと話し、

何故か日本のサラリーマンスタイル、スーツにネクタイ締めて、革の鞄を下げて、

今にも沈みそうなオンボロフェリーに乗って帰って行った。

流石はだてにインドネシア専門旅行会社をやってるわいと、感心した。

これを機に丹野さんとは仲良くさせてもらい、

その後数十回にも及ぶメンタワイツアーをオーガナイズしてもらい、

その全てのトリップはエクセレントといっていい経験を積まさせていただいた。

メンタワイ、今も世界最高のサーフディスティネーションに変わりはなく、

今ではしっかりとしたサーフビジネスとして定着している。

しかし、俺は今も強烈にこの初めてのメンタワイトリップが脳裏に焼き付き、

このメンタワイの海上にいた皆が仲間と思える意識があったことが、妙に懐かしく思われる。




I have traveled to Mentawai a lot of time but

this story is about my fist journey to Mentawai, and also my first experience to have a boat-trip.


I was traveling around the world, and I reached to Jefferey's Bay when I was 30 years old.

And I was groping for the new destination to go.

The head of OM Tour, Mr. Tanno gave a recommendation that if I want to go for a boat-trip in Mentawai.

I been to Bali, Jawa, Lombok, Sumbawa, Sumatra, all around Indonesia but I have never been to Mentawai.

I have just heard stories about it. I didn't have a contact with the boat peoples so

I was on for this recommendation. The member in this boat-trip was 

Mr. Tanno, Numa-chan, Takashi, and Syuuto.

The boat was 'Norza' and the captain was this Aussie guy Ken.

Rick from Mentawai Surfing Sanctuary organized for us.

Mentawai was still under-covered that time

but it was getting developed by the Aussie boat who loves to adventure.

Still, it was far away from business. It was still a world of maniac.

And finally, this place attracted the public servant and 

thought about making this place as a tourist industry.

The day we are leaving for a boat-trip, there was a huge ceremony at Padang Port,

and they smashed the cup on the ground for praying our safety.

I was so excited for my first boat-trip in my life.

I couldn't sleep the whole night so I went by the captain and we had chat all night over.

When we woke up in the morning, what we saw was this point called 'Mainu' on the picture.

The wave looked small so Ken and I decided to Surf(Body Board) before they wake up.

So glassy, warm air, and water.

Also the jungle surrounding us.

I was just loving this condition~

And the set comes in so I took off for the first wave~

Such a nice lefty barrel~ This is awesome!!

So I went back to the boat and waked them up and had the 1st session in Mentawai.

I usually go in the water with my body board and take picture and swim at the same time

but, I have noticed that taking picture from the boat was way easier.

It's such a common sense right now but it was such a innovative thing for me and it still amazes me.

Also, we usually surf until the wind blows, but on this trip,

after we had a session we go to the another point by the boat.

and we could taste many different kind waves. Such gorgeous thing to do.

2nd session was at this point called 'Nyan Nyan'.

We met the perfect left-hander waves which got some jungle on the back.

This point was Ken/ Captain's favorite so we had session here for the rest of the day.

All of the Surfer was SUPER STALKING.

I took a lot of nice pictures from the dinghy and the first day just started really awesome.

I thank to Mr. Tanno for inviting me to this trip.

Next day, we went for another point, and next day, we went to another point and Surf&Shoot.

How many points are hidden in this place, Mentawai??

There was a immeasurable potential in this place.

I promised to my heart to come back here again~.

But suddenly, Mr. Tanno had to go back to Japan in middle of the trip.

He told me that he's going to Smatra by this really strange boat looks like it's gonna sink.

And, I was also concerned about if he could speak Indonesian language.

But, he was speaking very fluently and I don't know why he was wearing suits with tie like officer.

And he left Mentawai by the strange boat which looked like it's going to sink any time.

Still, he really impressed me.  No wonder he's the head of the tourism company.

Mr. Tanno and I became close on this occasion, and he organized my tour to Mentawai

many many time, and also he gave me a wonderful experience from his excellent trips.

Mentawai is still the best Surfing destination and

Surfing business is getting established in this place.

The first trip to Mentawai is still remembered really clear in my brain.

and the feeling that the people in the ocean was like a family.

This feeling makes me feel nostalgic.











img337.jpg

@ Lagundi  Nias







img019.jpg

@ Nyan Nyan  Mentawai















| この記事 |

kimoto_profile.jpg
Naoya Kimoto / 木本直哉
16才でサーフィンを覚え、20才からサーフィンフォトグラフィーの道を歩みだす。1981年から冬のハワイノースショアに通いだし、現在も最前線で活躍中。冬が終われば世界各地の波を求めて、旅の生活を送り台風シーズンの日本での取材も精力的に行っている。
surfday.tv tour

RSS