Date
ALL PAGE VIEW:
Facebook Like:
サーフデイTV



NAOYA KIMOTO / SURF REPORT

5/28 Chiba Day







R0026145.jpg
@ Matsube  Chiba

昨日、千葉を南下した時も丁度ロータイド時で、勝浦ベイはこんなして干上がっていた〜
して、今日も千葉を北上した時、松部のリーフがこんなして剥き出しになっていた〜〜
この5月の大潮回り、新月&満月の時の干満が一番大きく動くらしい。
実際自分もここまで干いた松部を見た事がにゃかった〜〜
最近は何かとよく千葉に来るが、昔は松部だけを狙って足を運んだものだ。
ビューティフルカツウラベイのエッジにあるマツベは、自分にとっても特別な場所だ。
インサイドマツベはサンセットポイントの様だし、
本格的なマツベになると、シャークアイランドの様なダブルアップを見せ出してき、
更にでかくなるとサンセットの様な広い海と化し、
ついには、勝浦湾の真ん中の瀬でブレイクしだすようにもなる、
日本屈指のリーフブレイクポイントなのじゃ!!
その最後のブレイク/ショットガンが覚醒すると、
まさにワールドクラスのハードブレイク、アンタッチャブルな存在と化すのだ〜〜



When I was going to Southern part of Chiba yesterday, it was a low-tide time so

Katsuura Bay was so low tide~

I went to the Northern part of Chiba today. Matsube's reef was such a bareness reef~

The spring tides, new moon, and the full moon moves the tide most in May.

No wonder I never seen this low-tided Matsube~~

In these days, I come to Chiba often but when I was young

I use to come here only for Matsube.

The edge of beautiful Katsuura Bay, Matsube. Such a special place for me.

Inside Matsube is like a sunset point,

and if Matsube gets serious, this place shows us a double-up like a

Shark Island.

And if it gets bigger, this place begins to be like a huge Sunset point.

Final mode for this point is that it breaks in middle of the Gulf of Katsuura!!

This place is the one of the best reef breaking point in Japan!!

If this place Shot Gun/ Break wakes up for real,

it becomes a world class hard break, and also a untouchable place~~

 
















img252.jpg
MIsao Tako @ Shot Gun   Chiba   2006








2010年9月25日に、千葉、勝浦湾の沖にあるショットガンで、

伝説のビッグウエイブセッションが行われたことは、記憶に新しいが、

その4年前の伝説のタイフーンイオキによる、

2006年9月5日のショットガンの事を振り返ってみよう。

イオキは、ハリケーンとして、日付変更線の向こう側、ハワイ近くで発生し、

じりっじりっと勢力を蓄えながら、西へ西へと進路を取り、日本列島に近づいて来た。

早くからの波予報で、俺はターゲットをビッグウエイブスポットに絞り、

南紀か千葉かに迷った挙げ句、スーパーイーストスエルに反応すると思われた、

千葉のショットガンを目指した。

丁度、レッドブルのトウインプロジェクトで、トムキャロルや、ロスクラ等は、

南紀のビッグウエイブを狙い、ハワイ、オーストラリア、

遠くはヨーロッパ、ブラジルからビッグウエイブライダー達が、南紀を目指していた。

俺は迷うこと無く、早めに千葉入りし、虎視眈々とザデイを待っていた。

ビーチにウネリが入りだし、やがて部原にもグランドスエルが来だし、

松部にも本格的な波が、日一日と上がりだして来た。

そして、ついに、ザデイ(9/5)がやってきた。

勝浦ベイは大大炸裂~

マリブはマックスオーバーゴーインオフで、松部はクローズアウト、

そのウネリはショットガンにこれでもか~!というサイズにまで至らせた。

用意していたジェットスキー2台を松部港から降ろし、

まず、このポイントの先駆者であるタコさんと、

この時一緒に動いていたカービーの二人をジェットに乗せ、先に行かせた。

戻ってきたドライバーに聞くと、かなり、海が荒れていて危険な状態だと、、、

そして、今度は俺がカメラをウエットバックに入れ、ジェットの後ろに股がり、港を出た。

分厚いうねりが、港の中に迄押し寄せ、俺もドライバーもかなり緊張した。

港外に出ると、もうジェットなんか木の葉の様な存在にしか感じられない程、ヒラヒラしていた。

沖に出ると、タコさんとカービーが心細そうにラインアップしていた。

そして、いよいよ、3人のセッションが始まった~~

カービーは初のショットガン、様子を見るため、ややチャンネルよりでスタンばり、

ベテランのタコさんは、すでにテイクオフスポットで、何でも行ってやるの気迫が感じられた。

しかし、いきなりのセットを喰らったタコさんは、早くもブロークボード。

もう一台のジェットに助けられ、板を交換しに港に戻った。

残されたカービーは、ピークに一人残され、この時ほど不安なことはなかったと言う。

それでも、クレバーでサバイバーのカービーは波をチョイスしながら、

ポジションをディープにディープにずらしていった。

やがて、タコさんもラインアップに戻ると、マリブからパドルアウトしてきた、

ウッシーやキヨヒサ、タイト等もセッションに加わり、アローンな状況は無くなった。

しかし、波はヘビー、超ヘビー。

こんなのどうやって乗るの?というくらい、ダブル、いや、トリプルアップしてくる。

まともにライドできる波を探す方が至難の技だった。

午後になると、更にサーファーは増えたが、誰もセットの波に手が出ない。

俺はカメラマンだし、ジェットスキーの上にいるから、何も偉そうなことは言えないが、

きっと、外人のイケイケサーファーだったら、あの狂気の波を乗り込んで来るんだろうな、、、

パーリングしてでも、行っちゃうんだろうな、、、

どうして、日本人はその一歩前へ踏み込めないんだろう、、、と感じていた。

この日、ショットガンらしい波を乗ったと言えるのは、マキタイトとカネダキヨシだけだろう。

タコさんは凄まじいワイプアウトを繰り返し、一番のチャージャーだったが、

狙った波をメイクすることができず、カービーも、一本だけ、波の中に出来る波を引っかけ、

少しバレルに入ることが出来た程度だった。

この時の特集で巻頭見開きをゲットしたウッシーのサイズあるドロップは、

やはりショルダーウエイブで、ショットガン独特の掘れた位置でのテイクオフとはほど遠かった。

こうして、ロ~ングセッションを続け、あまり収穫のないまま、波も落ちて来た様に思えた時、

まさかの信じられないフリッキンモンスタービゲストセットが押し寄せた。

セッション後半、皆もややだれてきたというか、疲れて来た所に無情にも、

狂気の15フィート、トリプルアップのモンスターが、皆の前で爆裂してしまった。

割れて来る迄は神々しいブレイクも、あっという間に地獄図と化し、

ラインアップにいたほとんどのサーファーが何らかのトラブルに巻き込まれていた。

板を流す者、板が真っ二つに折れた者、もう息が続かなく溺れ気味の者、

もう、このセットの後は滅茶苦茶となった。

用意した2台のジェットに、丁度、今は亡き、フォトグのワンチャンを乗せた、

カズユキ兄ちゃんのジェットの3台でレスキューに入り、

幸いなことに誰も死なず、怪我もせず、この地獄から脱出した。

そして、このクレージーセットを最後に、ピタッと波が来なくなり、

ここらで引こうとセッションを切り上げた。

ジェットで、港に戻ると、タコさんは、あのセットをもろに喰らい、

これでもか~というくらい引きずられ、もうだめだを通り越し、

気持ちよくなるとこまで揉まれたと言い、家に帰ったら耳から血が出て来たと、

あの時の苦しさを語ってくれ、カービーは、実は一番インパクトに居て、

皆の様にウォッシュインされず、板だけ流し、

そのままインパクトゾーンにスタックしてたことが一番怖かったと振り返った。

このように、凄まじい自然の驚異を間のあたりにし、まともなライディングがないまま、

2006年9月5日のショットガンセッションを終えた。

そして、この日から色んな課題を残し、4年の歳月が流れ、

昨年2010年9月25日のショットガンセッションが生まれたのだ。

しかし、その時の波は、あの4年前、タイフーンイオキがもたらしたものとは、比べるべくも無い、優しい、乗りやすい波だったと付け加えておこう。




I guess its still fresh in our mind that there was a legendary big wave session held in

out-side of Katsuura/ Chiba.

Let's look back about 4 years ago, September 5th 2006. Typhoon Ioke

was developed near Hawaii.

This typhoon was developed little by little and moved West, which was toward Japan.

When I saw this typhoon on the wave forecast, I targeted on Japanese big wave spots.

I was thinking that if I should go to Nanki or Chiba.

But I thought super east swell come in so I decided to go to Shot Gun in Chiba.

Also many big wavers from the world was going toward to Nanki.

Like Tom Caroll, and Surfers from, Hawaii, Australia, Europe, and Brazil.

Because of the Red Bull's Tow-in Project.

I just went straight into Chiba and waited silently for The Day.

Suddenly, the swells had come in and Hebara has gotten some grand swell as well.

Also, Matsube was getting some serious wave little by little.

Then.... THE DAY has come in September 5th.

Katsuura Bay was sooooooooo going onnnnnn~~~

Malibu was Max over going off and Matsube was closed out,

and these swell made Shot Gun a Monster.

So we launched our 2 Jet Ski's from Matsube Port.

First of all we made Mr. Tako who is the founder of this point, and Kurby go first to the point.

When the Jet Ski's driver came back to the port, diver told me that

the ocean is very rough and it's also very dangerous.

Anyway, I went on the Jet Ski with my camera in my wet bag and left the port.

Really huge huge motions were coming forward the port so, me and the driver were so nervous.

When we got to the out-side, the jets looked like a small leaf floating on the water.

Also, Mr. Tako and Kurby was on the line up sadly.

Finally, the session with three of us started~

It was Kurby's first session in Shot Gun so he was standing by near the channel.

Mr. Tako was a veteran so he was staying at the take-off spot and

I actually felt from him that he was going to take off any waves today.

But, Mr. Tako tooked a huge set and he broked his board.

Other jets helped him out and he went back to the port to get another board.

So, only Kurby was left on the peak and he told me that

this time was the most nervous time he had ever experienced.

But he's still a clever& a survivor surfer so he picked a wave and went in deep and deep.

Suddenly, Mr. Tako came back to the line-up and also Ushii, Kiyohisa, and Taito

paddled out from Malibu. So it wasn't a lonely session now.

But the waves are still heavy, VERY heavy.

The waves were already double or triple upped.

How would they catch these waves??

It was really hard to find out how to catch these monster waves.

When it's afternoon, there were more surfers but no one tried to take off the sets.

I'm a photographer and I was on the Jet Ski so I can't talk big but,

I thought if there were some crazy surfer from foreign country at this place,

they would of gone on these monster waves.

I felt, why can't Japanese Surfer go for these waves, why can't they go for another step....

I guess only Taito Maki and Kiyoshi Kaneda catched a good waves in Shot Gun.

Mr. Tako charged many waves but he was just getting a massive wipe-out by the waves, and

Kurby catched a wave that is made by a wave and got into some little barrel.

Ushii's drop from a big wave got the top page for the magazine featuring Shot Gun.

We were doing this session for long time and we thought the waves were getting smaller.

Then....

The Monster 15 ft wave came toward all of the surfers!!

When the wave broke, it was such a godly scene, but, when the wave crushed all of the surfers...

Most of the surfers were in some kind of trouble.

Some surfers lost their boards, some surfers broke their board, some were drowning.

It became like hell in blink of an eye.

Our jet ski started to rescue the surfers. Including my departed friend Wan-chan

and Kazuyuki's Jet Ski.

Luckily no one was dead or hurt. They survived from that monster set.

After that crazy set, nothing came after. The wave stopped.

Mr. Tako took that set really badly that he was getting wiped in the wave for long time.

He even thought that he felt really good. When he got home, blood was bleeding from his ear.

Everyone was talking how that wave was crazy and,

Kurby was in the impact zone but he didn't get washed in like the others.

He washed away his board and he told me that he was so scared

because of getting stuck in the impact zone.

So this how we ended our Shot Gun session in September 5th 2006

getting our self to realize the power of the nature.

And in September 25th 2010, another session in Shot Gun was held.

But let me just say, if you compare the waves from the Typhoon Ioke,

it was easy, and gentle to catch the waves.

  











_K4_9860.jpg

Naoto Shibamoto @ Shot Gun  Chiba  2010













2010年のショットガンのラインアップをとらえた、TARIGADE FILM の映像だ。



The film took by TARIGADE FILM at Shot Gun in 2010.





| この記事 |

kimoto_profile.jpg
Naoya Kimoto / 木本直哉
16才でサーフィンを覚え、20才からサーフィンフォトグラフィーの道を歩みだす。1981年から冬のハワイノースショアに通いだし、現在も最前線で活躍中。冬が終われば世界各地の波を求めて、旅の生活を送り台風シーズンの日本での取材も精力的に行っている。
surfday.tv tour

RSS