第一弾 東台湾 サーフツアー
  • メインページ
  • サーフポイント
  • アクセス
  • ツアー料金
  • 写真ギャラリー
ツアー紹介

海外サーフトリップというと年に1度の大型休暇を必死の思いで会社と家族に申請し、大枚はたいて行くイメージをお持ちの方もいるだろう。もっと気軽に、短い日数で、そして温かく混雑のない海でサーフィンができるところはないか?そんなシンプルな要望を叶えられる場所・・・それが台湾だ。


東京から飛行機で3時間半あまり、歴史的にも日本と関係が深く、電子機器や美食の国、そして昨今では東日本大震災時に莫大な寄付を国を挙げてしてくれた台湾。南台湾へのサーフトリップはすでに有名なものとなっているが、今回紹介する東台湾は観光地化されていない穏やかでゆったりとした時間が流れている小さな村が主役のカントリーサイド。1年を通して初心者から上級者までレベルを問わずに遊べる波があり、たくさんのポイントが点在している。3日間でも大満足、着いたその日にサーフィン可能な東台湾は日々忙しい日本人にとって最高の海外サーフトリップ先かもしれない。

5surf / 台東衝浪店

東台湾でのガイドと宿泊施設を提供してくれるのが台東サーフショップ&ゲストハウスだ。送迎から観光、食事と滞在中のゲストとともに、朝から晩まで行動を共にしてくれるスタッフたち。東台湾サーファーの中心人物でもある彼らは、南台湾でのサーフガイドやコンテスト運営等の経験を持ち、台東でサーフィン文化の素晴らしさを伝えたいという熱い思いを持ってサーフショップ、ゲストハウス、サーフガイドのサービスを始めた。海が見えるゲストハウスの1階にはカフェがあり、台東ロコだけでなく台湾全土や外国からのサーファーも集まり、ロコとビジターが交流するにぎやかな場所となっている。

サーフポイント紹介

東台湾でのサーフィンのメッカは、東河(ドンハー)という小さい村。周辺には、河口、玉石、リーフ、ビーチブレイクと多種多様なサーフポイントが点在し、初心者から上級者まで楽しむことができる。村の人は全員知り合いというこの小さな村にはローカルサーファーも少なく少人数でサーフィンできるチャンスはまだまだ多い。


10月〜5月の北東モンスーン時期は、平均胸程度の波が毎日ある。低気圧が通過すればオーバーヘッドの河口やリーフの波を楽しむことができる。波が大きくなれば台湾ウルワツと呼ばれるレフトのロングウォールを狙い、大きい波が苦手なファンサーフLoverは、波が小さくなるサーフポイントでサーフィンが可能。ウネリが小さい時はビーチブレイクでサーフィンができるので、 年間を通してサーフィンが出来ない確率は非常に少ない。

サーフポイントの詳細はこちら≫ 現地スタッフ&ガイド紹介

Satoshi Uno / 宇野 智

神奈川県生まれ。大学時代の旅行で旅にハマり、東南アジアを中心に各国へトリップへ。
そのまま旅行が仕事となりサーフトリップやビーチリゾート、世界遺産旅行などをプロデュースして8年。2009年に台湾へ渡り東台湾にて台東サーフショップ&ゲストハウス、5SURF(台東衝浪店)を現地のローカルと共に設立。


Ahoo / 阿富(アフー)

台東生まれの台東育ち。根っからの台東原住民ローカルロングボーダー。
台東ローカルとして原住民の頭も張り、台東の文化、地理、全てを完全に網羅している昼はサーフガイド、そして夜の宴会では皆を楽しませてくれる頼れる男。


Ting Jennifer / (ジェニファー)

台中生まれ。海と海岸線の雰囲気を愛すが故に台湾の最南端、南台湾に移住し10数年。
サーフショップで働き、イベントや大会のスポンサー集めや資金繰りなどの裏方の中枢として経験を豊富に積んできた。現在は台東サーフショップの運営を行いながら、地元の方々とも協調を保ち常にお客様の不安を解消する肝っ玉母さん的存在。


Baybay Niu / (ベイベイ)

台北生まれ。言わずと知れた台湾全土を代表するトップロングボーダーで台湾で唯一のTAIWAN ROXYのライダー。台湾国内の大会を数年総なめにして早くもレジェンド的な存在になっている。
現在はコンペの舞台を世界に移してROXYライダーとして世界の大会に出場して各国を回っていることも多い。台湾一の波が立つ台東に移り住み、多くのサーファーのサポートをしている波を知り尽くした頼れるサーフガイド。


Mayaw / 黃馬耀(マヤゥ)

台東生まれの台東育ち。アフーと同様の根っからの台東ローカルの原住民。
優しいホスピタリティーの持ち主で、ガイドに取って重要な危険察知能力も高く、
サーフィンはまだまだ勉強中だが勤勉な青年で今後の成長が期待できる若手ガイドの一人。


ツアープロデューサー
細田 智規

Tomonori Hosoda / 細田 智規

東京都生まれ。世界のサーフツアー、サーフガイドの手配を専門とする旅行会社、ワールドサファリジャパン代表。18歳の時にサーフィンに出会い、某通信会社にてサラ リーマンをしながら週末サーファーとして過ごすも、休暇で訪れたモルディブのボートトリップの最中に世界屈指のサーフトリップ会社社長と出会い、意気投合。帰国後に日本法人を設立して現在に至る。
ワールドサファリジャパン:http://www.worldsurfaris.jp/

WSJ

ブランドオーガナイザー
吉野 竹彦

Takehiko Yoshino / 吉野 竹彦

SURFDAY.TVとの連動により、諸外国間を繋げる独自の基礎を作り上げます。
目的は世界市場への橋掛けの開拓を担い、日本のアスリート選手(プロサーファー)の活動の幅を 諸外国間の政府を通じ、現地への経済・貢献性を持ち着想してゆきます。
SURFDAY.TV owner/SURFDAY.TV tour brand organizer
BLOG:http://www.surfday.tv/cd/



ツアーの申し込み、お問い合わせはこちら

Copyright © Surfday.tv All Rights Reserved. Produced by World Surfaris Japan. Organized by TYBOX Inc.


▲ページの先頭に戻る